カーボンファイバーを使った製品

すぐれた機能を備えたカーボンファイバーは、さまざまな分野の製品に使われています。代表的な用途としては航空機や宇宙開発用ロケットなどがあり、従来の材料よりも軽量でありながら強度も高い材料であるために、数多く使用されるようになっているのです。カーボンファイバーのような軽量な材料を用いて機体を製作することでより性能の高い機体が実現できますし、製作する際にも作業の効率化を図ることが可能となりコストの削減ができるようになっています。

民生用

さらに、カーボンファイバーの価格が低下するにつれて、自動車・自転車・エレクトロニクス産業用の部品などにも使用されるようになりました。環境問題と低燃費化への対応が急務となっている自動車産業では、車体を軽量化できるカーボンファイバーを用いることは、排出する排気ガスと使用する燃料を少なくすることにつながっています。

世界的に環境に対する問題意識が高まる中で、カーボンファイバーを材料とした車体に大きな期待が寄せられています。また、自動車と同じく軽量化が重要となる自転車でも、アルミフレームよりも3割近く軽量化可能なカーボンファイバーは非常に魅力的な材料とされています。カーボンファイバーによって軽量化された自転車は、乗る人への負担も少なくより速く長時間走ることが可能となりますので、自転車競技や趣味でサイクリングを楽しむ人たちの注目を集めています。

エレクトロニクスの分野ではカーボンファイバーの軽くて強いという特性に加えて導電性を利用したパイプなどの部品も広く使われています。カーボンファイバーの特徴をいかした部品が、今までにない装置を製作するのに役立っています。その他にも、医療・レクリエーション・文房具など、さまざまな商品にカーボンファイバーが用いられて生活を豊かにするのに役立っています。今後はより有効にカーボンファイバーが使えるような技術が誕生して、より多くの分野で活用されるようになるでしょう。

カーボンファイバーとは 強度 歴史 価格 カーボンファイバーを使った製品 加工方法 環境への影響 カーボンとの違い リサイクル CFRP(炭素繊維強化プラスチック)とは カーボンファイバーの特性 カーボンファイバーと環境