カーボンファイバーの価格

原料となるアクリル長繊維や石炭タールなどを加熱処理して不要なものを取り除いて、カーボンファイバーを作りますので、最終的に製造されるカーボンファイバーよりも多くの原料が必要となります。また、製造工程では、環境や温度を変えてじっくりと熱処理しなくてはなりませんので、専用の設備も必要になりますし手間も掛かってしまいます。

そのため、カーボンファイバーを用いた製品の価格は、高いものとなってしまいます。それでも、製造量が増えたことによって以前よりはカーボンファイバーの価格も低下してきましたし、今後さまざまな最新技術が導入されることで、さらに価格が低下すると見込まれています。

しかし、現在でも、カーボンファイバーとエポキシ樹脂を組み合わせたCFRPでは、ドライカーボンとウェットカーボンという価格の違う製品が販売されていますので、予算と価格に応じて製品を選ぶことが可能です。

ドライカーボンは加圧ができるオートクレーブで成型されますので、高価な設備と出来上がるまでに時間が必要となることから価格が高くなりますが、軽量でありながら大変強度のある材料となっています。高価なドライカーボンは、レース用などの自動車や航空機などに使用されます。

ウェットカーボンはカーボンファイバーを使った素材に樹脂を塗りこんでから自然乾燥させて作成するもので、ドライカーボンほどの強度が備えていませんが、製作工程が簡単でオートクレーブのような高価な設備が不要であるために価格が安くなっています。

市販の自動車パーツなどに、ウェットカーボンが使われます。CFRPを使う場合でも、強度が必要な箇所にはドライカーボンを選び、比較的強度が問題にならないような箇所にはウェットカーボンを選ぶようにすれば経済的にCFRPを使うことができるでしょう。

カーボンファイバーを使用した製品は、原料と製造方法によって性能と価格が異なりますので、要求される性能を把握して適切な製品を選ぶことが重要となります。

カーボンファイバーとは 強度 歴史 価格 カーボンファイバーを使った製品 加工方法 環境への影響 カーボンとの違い リサイクル CFRP(炭素繊維強化プラスチック)とは カーボンファイバーの特性 カーボンファイバーと環境